let me tel you

よくあるご質問

Q:在宅事件として捜査されています。いつ弁護士を付ければいい?

逮捕されている事件であっても逮捕されていない在宅事件であっても、警察の捜査が始まった段階から弁護士を弁護人として付けることはできます。一概にどのタイミングで付けるのがベストということはありませんが、早い段階で弁護士に頼んでおいた方があらゆる選択肢を検討することができるので早いに越したことはないでしょう。

下記のご相談につきましてはお受けしておりません。

関東甲信越(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木・山梨・静岡・長野)以外で発生した事件・事故のご相談

警察や検察などの捜査機関が、まだ関与していない段階でのご相談

ご相談受付

フリーダイヤル、またはメールにてご相談受付中

平日9:30-19:00/土日祝日も事前予約で対応します