人事労務

HOME > 人事労務

人事労務

アズール法律事務所では、企業運営につきものの労働問題の解決に力を入れて取り組んでいます。
就業規則のチェック・労基署対応・労働審判・団体交渉・解雇・残業代請求の対応等、会社と従業員をつないで問題の予防・解決に力を入れています。

会社を設立して間もない企業では、なかなか労務管理にまで手が回りません。
それでは会社を設立して時間が経てば労務管理体制は十分でしょうか。
実際、たくさんの会社を見ても、労務管理体制がしっかりしている会社というのは、よほどの大企業か、以前に労働問題が起きた会社がほとんどだと思います。

労働管理体制がしっかりしていれば、いざというとき、余計なコストが節約できます。
事前・事後の体制の確立が不可欠です。

事前にやっておくべきこと

・雇用契約書など雇い入れ時の書面
・就業規則・労働協約などの会社側の体制整備
・残業・休日・手当など時間管理
・従業員への接し方などの経営者へのアドバイス  etc.

事後にやるべきこと

・トラブルになりそうな場面での対応
・労基署に駆け込まれたとき
・労働審判の対応
・合同労組(ユニオン)の対応

これらの労働管理体制は、究極的には経営者自らが行うことができますが、結局は専門家に依頼した方が時間・コストの節約になるかと思います。

アズール法律事務所が過去に携わった実際の団体交渉などの場面では、やはり経営者の方々は、「自分でやったら相手にのまれてしまったと思う。」という感想を漏らされる場合がほとんどです。