企業法務

HOME > 企業法務

企業法務

アズール法律事務所では、企業法務として、顧客企業様の株主対策・紛争予防・紛争解決を担っています。

会社を運営するにあたっては、おおよそ次のような問題が生じることが考えられます。

1 会社関係者にまつわる問題

  会社の代表者や取締役がなくなった場合(病気や事故による場合)
  従業員の中で、重要な役割を占める従業員がなくなった場合や転職の場合
  取引先の代表者や重要な関係者の交代
  会社内部の労働問題

2 外部的な要因にまるわる問題

  取引先の倒産
  取引先からの法的賠償を含む請求
  地震や津波などの災害による危難

これらの問題に対して的確に対応することは会社の存続にも関わる非常に難しい問題です。また一番大切なことは、これらの問題を事前に察知して予防することです。
弁護士は、本からの知識も必要ですが、座学だけでは実際の事例には対応できません。
アズール法律事務所では、いままで多数の事例を扱い、ノウハウを蓄積しています。
紛争が生じたときの対応ももちろんですが、紛争が起きる前の予防法務こそが、ノウハウを蓄積した弁護士が取り扱える分野だといえます。