let me tel you

窃盗事件をおこしてしまった

 

Aさんはセール会場で7万円相当の商品を盗み、会場を出ようとしたところで従業員に止め置かれました。商品を盗んだことを認めたAさんは、窃盗犯として逮捕・勾留されました。

解決のポイント

その1 示談の可能性の有無

窃盗犯罪の場合、金額によっては、被害者と示談交渉により不起訴となる可能性があります。そのため、弁護士は相手方との示談交渉を進めました。

その2 本人の反省の有無

示談交渉においては、本人が深く反省していることが大前提となりますので、相手方に謝罪文を送る等して反省の意を示すことがポイントとなります。

下記のご相談につきましてはお受けしておりません。

関東甲信越(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木・山梨・静岡・長野)以外で発生した事件・事故のご相談

警察や検察などの捜査機関が、まだ関与していない段階でのご相談

ご相談受付

フリーダイヤル、またはメールにてご相談受付中

平日9:30-19:00/土日祝日も事前予約で対応します