新宿弁護士ブログ 新宿で働く弁護士のブログ。日々の業務や新宿のことなどを書いていきます。

HOME新宿弁護士ブログ > 新宿の街情報〜都市計画法律編@

2013/6/19

新宿の街情報〜都市計画法律編@

弁護士として新宿で日々働いていますが、やっぱり新宿はどんどん変わっていきますね。
今日は街の道路事情をお伝えします 。

新宿は甲州街道の宿場町として発展した歴史がありますが、今はもちろん宿場町のおもかげなどどこにもありません。 しかし、甲州街道は名前も残っていますし、実際に昔とあまり変わらない位置に現在の甲州街道もあります。
その甲州街道は四谷から地下に入って、新宿御苑を抜けたあたりで地上に出ます。

このあたりはいつも渋滞しています。
地上に出た甲州街道と明治通りが平面交差しているからです。
おまけにその先に新宿駅があって、いつもタクシーが客待ちをしているから当然です。
ひどいときは甲州街道のトンネルの中まで大渋滞。
「どうせなら新宿駅を抜けるまで地下掘ればいいのに!」
といつも思います。

そして、甲州街道と交差する明治通りも新宿三丁目のあたりでいつも渋滞。
おかげでこのあたりはいつも渋滞・渋滞・渋滞!

実はこの渋滞を緩和するためにバイパスが造られていることをご存じでしょうか?
この道路は環状第5の1といって、東京都の都市計画に入っています。
都市計画というのは法律で決まっていますね。
弁護士はいろんな法律を知る必要があるので大変です。

それはともかく、 現場はこんな感じです。
正面に見えているのが新宿高校、画面中央やや下のじゃばらみたいなところが工事入り口です。

環状5の1

近づいてみると・・・

環状5の1の看板

なんと!平成25年10月に完成?
ということは今年中に渋滞がなくなる?
と思ったけど、後で調べてみたらまだ3年ぐらいはかかるらしいです。
道路工事はなぜこんなにかかるのか?
ともあれ、これで交通事故も減ればいいですね。

>新宿の弁護士 トップへ