let me tel you

とにかく早く釈放してほしい

釈放を勝ち取るには、相手を考えながら活動することが大事です。アズールではいろいろな相手と迅速に交渉し、多数の釈放を勝ち取っています。

刑事事件の流れと交渉相手

  • 逮捕(48時間) ← 警察官
  • arrow
  • 逮捕(24時間) ← 検察官
  • arrow
  • 勾 留(10日間) ← 裁判官(検察官)
  • arrow
  • 勾 留(10日間) ← 裁判官(検察官)

警察官に対して釈放活動を行う

  • 逮捕後48時間以内は警察官によって釈放
    ※ただし警察官によっては話をしてくれないことも。
arrow
弁護士が入ることで警察と話をし
早期釈放に向けて活動を開始する必要があります。

検察官に対して釈放活動を行う

  • 逮捕後48時間後は検察官によって釈放
  • arrow
  • 検察官送致された後は、検察官が釈放を決める。
    勾留請求をするか、勾留された後も釈放するかどうかは検察官が実質的に決めることが多い。
arrow
弁護士が入ることで検察官と実際に話をし
早期釈放に向けて活動を開始する必要があります。

裁判官に対して釈放活動を行う

  • 勾留するするかどうかを最終的に決めるのは裁判官
  • arrow
  • 裁判官の勾留決定に対し、異議申し立て(準抗告)を行っていく必要があります。
    弁護士の能力が試される場面です。
arrow
アズールは多数の準抗告を行った経験から依頼者のために活動します。

釈放への希望・理由

釈放してほしい、ほかの人はどういう理由で釈放を求めているか。

捕されてしまった場合、一番の希望は「とにかく早く出たい、釈放してほしい!」という釈放に関するものです。釈放に関する希望としては、次のような理由があります。


仕事はどうする?

  • 勤務先にどう現状を伝えればよいか
  • 仕事をクビになってしまわないか
  • 自営業の場合、取引先・顧客にどう対応すればよいか
  • 家族へどう説明する?

  • 子供にどう説明すればよいか
  • 実家の親にどう伝えればよいか
  • 夫(妻)に来てもらいたいがなかなか言い出せない
  • とにかく留置場にいるのがつらい

  • 取り調べがきつい
  • 同室の他の人といるのがつらい
  • 退屈すぎて苦痛だ

  • ※不謹慎に思えるかもしれませんが、実際に留置されている人が出たいと思う第一の理由です。
    下記のご相談はお受けしておりません。

    関東甲信越(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木・山梨・静岡・長野)以外で発生した事件・事故や、 警察や検察などの捜査機関が、まだ関与していない段階でのご相談はお受けしておりません。

    ご相談受付

    フリーダイヤル、またはメールにてご相談受付中

    平日9:30-19:00/土日祝日も事前予約で対応します